IMG_1352

2017年3月1日、日本初となる障がい者就労支援を目的として運営されるスポーツバー、「E’s CAFE」が東京都多摩市にオープンしました。

これまでにない初めての試みということもあり、様々なメディアに取り上げられていますが、「障がい者就労支援」を行うスポーツバーとは一体どのようなものなのか、E’s CAFEについてご紹介いたします。

 

IMG_1314

店内のバーカウンターにはアルコールが豊富に用意されています。

 

■E’s CAFEとはどんなところ?

IMG_1311 IMG_1319

スポーツ観戦ができるモニターを広々とした店内の各所に配置
障がい者サッカーのイラストがお洒落なチョークアートに描かれています

E’s CAFEはスポーツバーやカフェとして飲食ができるだけでなく、フットサルコートが併設されているため、実際にサッカーを楽しめる場所でもあります。

また、こちらを運営する一般社団法人パラSCエスペランサでは、障がい者サッカーの普及振興のための活動および障害がい児の社会生活支援やスポーツ教室などの運営を行っています。そのような活動の中、障がい者に働く場を提供しながら障がい者サッカーや食を通じて誰もが交流できる場所をつくるということを目標に掲げ、E’s CAFEの運営を開始しました。

そこでは、障がいを持つ方も持たない方も一緒になって「スポーツを楽しむ」、「仕事を楽しむ」、「人との交流を楽しむ」といった環境づくりの実現を目指しています。

ルーミート ケイジャンスパイス ひじきと鶏ひき肉のアスリートタコライス
濃厚な風味でタンパク質が豊富、健康に良いお肉として注目されているルーミート。
ひじきと鶏ひき肉のアスリートタコライス

 

■障害の有無に関わらず、ともにスポーツを楽しみたい!マネージャーの臼杵美沙さん

キャプチャ

放課後支援教室で活動中の臼杵さん

こちらのスポーツバーでマネージャーを務めるのは、大学在学中から障がい者スポーツのボランティアを経験し、卒業後に一般社団法人パラSCエスペランサに勤務する臼杵美沙さんです。スポーツバーの事業が始まる以前は障がい児の放課後支援教室でのサッカー指導や学童の運営に携わっていました。

日頃より、障がいを持つ子供たちと共に活動を続けてきた臼杵さんですが、カフェの運営事業については初めての試みなります。しかし、障がいの有無に関わらず、スポーツをやりたいあらゆる人が楽しめるよう障がいを持つ方や子供たちの支援を行い、社会全体で支えあうことができる世の中の実現をめざして、日々活動をしています。

IMG_1357 IMG_1359

ダウン症のお子様をもつ女優の奥山佳恵さんデザインのお洒落な従業員の制服
フットサル場に併設されていることからアスリートの食事を意識した豊富なメニューが用意されいています。

 

■障がい者サッカーや食を通して、だれもが交流できる空間作りのために

IMG_1340 IMG_1347
サッカーピッチが描かれたテーブル
岡田元監督をはじめ、北澤元代表選手ほか応援する方々のサインが書かれた8Fの窓

海外のサッカー練習場などにあるクラブハウスをイメージして作られた店内では、スポーツを身近に感じながら、食事やお酒を楽しむことができる場所となっています。

このようにE’s CAFE では、スポーツや飲食、仕事などを通じて様々な人たちが集まり、コミュニケーションができる場所として、障がい者の雇用やスポーツの振興だけでなく、障がい者と健常者が飲食を通じて交流することができる空間作りに取り組んでいます。

 

<スタッフ兼サッカー部員募集!>
E’s CAFEでは一緒にスポーツバーを盛り上げてくれる
スタッフ兼サッカー部員を募集しています。
働きたい!スポーツを楽しみたい!あなたのやる気を形にできる職場です。

 

<E’s CAFE>
営業時間
LUNCH : 11:00〜15:00
DINING & BAR : 15:00〜21:30(L.O.21:00)

予約・お問い合わせ:042-311-2022
URL:http://es-cafe.net/

Facebook: https://www.facebook.com/escafe.tama/
LINE: line://ti/p/@jfl4608c