shitara4

SDFC(埼玉県聴覚障害者協会サッカー部)で選手兼監督を務めている、設楽武秀さんにメールインタビュ―させていただきました。

設楽選手はデフサッカー・デフフットサルの日本代表候補であり、健聴サッカーフットサル共に関わりながら日々活躍をされています。また周りからは向上心の塊という印象を持たれている一面もあり、幼少のころよりサッカーに対する熱い想いを持った方とのこと。設楽さんがこれまでどのようにしてサッカーを続けてこられたかについてご紹介いたします。
<設楽武秀さん>
SDFC(埼玉県聴覚障害者協会サッカー部)選手兼監督
デフサッカー日本代表候補・デフフットサル日本代表候補
関東サッカーリーグ、埼玉県社会人サッカーリーグ加盟、さいたまSC所属、
埼玉県フットサルリーグ加盟、スプリズ所属

 

♦サッカーを始めたきっかけはなんですか。

小学3年生の時に聾(ろう)学校から地域の小学校へ転校したのですが、転校先の学校でサッカーの楽しさに出会ったことがサッカーを始めるきっかけになりました。

そこの小学校では男女関係なく、昼休みも放課後も毎日のように集まってサッカーをする子供たちがたくさんいました。また私が聴覚の障がいを持っているにも関わらず、「一緒にやろう!」と毎回声かけてくれていたので、みんなで1個のボールに夢中になってグランドを走り回っていました。

それからサッカーを1年間遊びでやっていました。小学4年のときに2002年日韓ワールドカップがああったのですが、私にとって当時の日本代表メンバーはとてもかっこよく見えて、選手に憧れていました。

そこから「日本代表のように全力でやるカッコいい選手になりたい!」と思い、地域の少年サッカークラブに入り本格的にサッカーを始めることになりました。

1496389741635

 

♦普段どのような生活をされていますか?

私は普段会社員として働き、社会人サッカーチーム「さいたまSC」や社会人フットサルチーム「スプリズ」、埼玉県聴覚障害者協会サッカー部「SDFC」へ所属し、デフサッカーとデフフットサル2つの日本代表になるため、日々トレーニングに励んでいます。

また埼玉県内で聴覚障がいを持つ小学生のクラブ「SDFCジュニオール」のコーチも務め、月1回の指導も実施しております。

サッカーとフットサル二つの競技をやっていますが、1個のボールで人と人を繋ぐ素晴らしいフットボールライフを充実させています。

 

shitara3

 

♦ サッカーをやってよかったことは何ですが?

私はサッカー以外に夢中になるものがあまり見付からず、サッカーを始めて高校サッカーで引退するだろうなと思っていたのですが、高校サッカーが終わってからも楽しかったサッカーのことがまだ心の中にありました。

それからA代表日本代表とは別のカテゴリーである、デフサッカー日本代表とデフフットサル日本代表に選手として出場することができました。国際大会に出場した経験は私の人生の中で貴重な経験となりました。

また埼玉県内の聴覚障がいを持つ小学生への指導もするようになり、フットボールライフは続いているんだな~と実感できること、それもサッカーをやっていてよかったと思うことです。

shitara2 shitara1

 

♦ サッカーをするときに大切にしていることを教えてください。

一緒にサッカーをする人と楽しむことです。
サッカーができる環境に感謝し、観ている方々が感動(感じて動く)するような、人と人が繋ぐサッカーをしようと心がけています。

1496389763644

 

♦サッカーを通じてどのような社会になってほしいですか?

サッカーには、1個のボールには、世界中の人々を魅了するパワーがあると思っています。

男女はもちろんのこと!年齢も関係なく、更にいろいろな障がいを持った方々も一緒に明るく元気よく生きる社会になってほしい。またなってほしいと希望を持つだけではなく、障がい者自身が積極的に社会へ飛び出て、サッカーをきっかけにどんな場所でも輝く社会にしていかなければならないと思っています。

1496389767700

 

♦Matchをご覧の方にひとことメッセージをお願いします。

周りに障がいを持っている友達ができたら、ボール1個でサッカーをして楽しみましょう!障がいを難しく考えず、直接接して感じたことをそのまま受け入れてください。

1496389734005

 

小学校時代から障がいのあるなしに関わらずサッカーをともに楽しむ仲間がいた設楽選手、障がいを難しく考える必要はない、ボール1つでつながることができるということを教えていただきました。サッカーを楽しみながら選手にあこがれを持った子供時代や、またそこから実際に活躍できるようなった姿など、サッカーをきっかけに輝いてきた姿を見せくれる注目の選手です。
設楽選手が、所属するSDFC(埼玉県聴覚障害者協会サッカー部)は平均年齢が21歳前後と非常に若いチームです。デフサッカー日本代表、大学サッカー部、社会人サッカー部に所属している部員もいます。経験者ばかりですが、中には初心者から所属している部員もいるとのことですので、興味を持たれた方は、是非一度見学に行ってみてはいかがでしょうか。

埼玉県聴覚障害者協会サッカー部(SDFC)
Facebook:https://www.facebook.com/sdfc1980/?ref=page_internal
Mail:sdfc1980@gmail.com

撮影:松本力・インコグラフィカ